子育て

1ヶ月の赤ちゃんとの遊び方 気をつけるべき危険ポイント

投稿日:2021年3月8日 更新日:

生後1か月の赤ちゃんは、ほとんど寝ている生活かもしれませんが起きている時間は、しっかりと向き合って遊んであげたいですよね。生まれて間もない、まだ目も良く見えていない赤ちゃんとの遊び方に困っているぱぱやままもいるかもしれません。

ここでは、生後1か月の赤ちゃんでも楽しめる親子のスキンシップが中心の遊びをご紹介します。



生後1か月の赤ちゃんってどんな感じ?

生後1か月の赤ちゃんは、たくさんの情報を目で見るのではなく肌で感じています。この頃の視力は、授乳の体制のお母さんの体がぼんやり見える程度だと言われています。

その分、実際に触れられたりして肌で感じる感覚は敏感にキャッチできます。抱っこすると泣き止んだり、優しく撫でられるとすぐに寝てしまったりするのは、肌の温かさで安心するからです。

赤ちゃんの耳は、低い音よりも高い音を好むともいわれています。赤ちゃんに話しかける時には自然と高い声になりがちですが、それも赤ちゃんにとっては心地よいということですね。

1か月の赤ちゃんにおすすめの遊び

目で情報をキャッチすることが難しい月齢の赤ちゃんには、市販のおもちゃよりもパパやママの手で優しく触られる感覚が1番の刺激で遊びになります。

おすすめは、服の上からでも良いので優しく撫でてあげること。まだまだ未熟で刺激に弱い赤ちゃんは、優しく触れるように頭やおでこ、腕や足など順番に触っていくだけでも十分な刺激になります。

目はあまり見えていませんが、耳はしっかり聞こえています。まだわからないからと無言で過ごすよりも、声をかけ続けてあげることでママの声の認識にも、その声に対する安心感にもつながります。

そうはいっても、返事の返ってこない赤ちゃんにずっと話すのは難しいですよね。おすすめは、今の行動や見えているもの、聞こえているものをそのまま話してあげること。

「今からおむつをかえるよ」

「朝だよ、おはよう」など、考えていることを声に出すようにするだけでママの声をキャッチすることができます。

たくさん話しかけてあげることは、その後の発達にも良いとされています。

時間をとってしっかり遊んであげる場合は

時間に余裕があって、しっかり遊んであげたい場合には室温に十分注意しながら服を脱がせてあげることもおすすめ。暖かい手で全身を触ってあげることでさらに刺激を与えることができます。

指を1本1本ずつくるくるっと撫でてあげたり、腕の付け根のあたりをトントンと触ってあげることで自分の体はここにもあるんだよ、という感覚を感じてもらうこともできます。

実際に赤ちゃんが自分の体を認識するのはもう少し先ですが、日常生活では触れない部分にも触られている感覚を与えることで新しい感覚を覚えることも可能です。




赤ちゃんのとの遊びで気を付けること

生後1か月の赤ちゃんは、首も座っておらず仰向けで過ごすことが一般的です。遊んであげる際にも無理な体制や、強い刺激、圧を与えることは絶対に避けて優しく触れるようにすることが大切です。

楽しませようと思って揺らしたり、無理に起こすことは赤ちゃんにとって悪影響となるので十分注意が必要です。

体温調節も自分ではまだできない時期なので、服を脱がす際には室温にも十分な注意が必要です。触るときの手も、冷たいままだと強い刺激になってしまうのでお湯で温めるなどの対策をとってくださいね。

 

まとめ

私が生後1か月の赤ちゃんを育てているときは、毎日マッサージをするように触れることを心掛けていました。なかなか寝付けない寝るのが下手な子だったのですが、服を脱がせてマッサージをする時間をとった日はいつもよりも寝る時間が少し長くなったように感じました。優しく撫でてあげることなら、ママではなくパパにもできるのでぜひチャレンジしてあげてほしいと思います。



-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

子どもの自主性を育てる方法 5つのステップで自分で生きていく力を

子どもの自主性を育てる方法。実は親のかかわり方で大きく変わります。 我が子には、自主性をもってたくさんの経験をしてもらいたい。自分の意見を言える子になってほしい。そう思うのが、親心ですよね。大人になっ …

卒業式のコサージュ位置に決まりはある?色と種類 選ぶポイント

卒業式や入園式など、子どもの門出を祝う行事には母の胸にコサージュがついているイメージがありますよね。 この記事では、式典でのコサージュに決まりはあるのか、色や種類、またつける位置にきまりはあるのかなど …

子供 吃音の原因 急にどもるから始まった体験談と治ったタイミング

我が子に急に吃音が見られた場合、あせりますよね。何が原因だろう、どうしたら治るのだろうといろいろと心配するかと思います。 ここでは実際に私が子供の吃音を体験し、その時の心境と治ったタイミングについて記 …

姉妹は喧嘩ばかり?仲裁する母に伝えたい3つの喧嘩の効果

姉妹は喧嘩ばかり。女の子は育てやすいと言われるけれど女同士のケンカは長引くし、あまりに頻度が高いと母も疲れてイライラしてしまいますよね。 我が家は6歳と4歳の姉妹ですが、実際に姉妹を育てていると周りか …

no image

子供がお友達にパパいないの?と聞かれた時の我が子の対応

シングルマザーとして子どもを育てていますが、先日子供同士とても仲がいいお友達と遊んでいる際に「〇〇はパパいないの?」と直球の質問をされていました。 筆者である私は、いつかこの質問をされる時が来るだろう …