子育て

メルちゃんぽぽちゃんの違い 選び方のポイントと特徴

投稿日:2021年3月2日 更新日:

メルちゃんとぽぽちゃんの違いを徹底解明。遊んで比較したお世話人形の選び方とポイントです。

女の子が2歳くらいになると、お人形に興味が出てくる子も多いですよね。我が家の娘たちも例外ではなく支援センターにあるお世話遊びの人形に夢中になっていました。

ミルクをあげたりご飯を食べさせたり、お着替えをさせたりまるで小さなお母さん。その姿にクリスマスプレゼントは即決でお世話遊びのお人形に決定しました。

プレゼントにお世話遊びのお人形と考えると、メルちゃんかぽぽちゃんかの選択肢になる過程は多いかと思います。ディズニーが好きでこだわりのある方はれみんちゃんとそらんちゃんのシリーズも検討されるかと思いますが、ここでは同価格帯のメルちゃんとぽぽちゃんについて記載します。




メルちゃんとぽぽちゃんの基本情報比較

メルちゃんのプロフィール

発売:1992年

対象年齢:3歳から

身長:26cm

素材:樹脂・プラスチック製

ぽぽちゃんのプロフィール

発売:1996年

対象年齢:2歳から

身長:32cm

素材:顔、手足はやわらかい樹脂・胴体部分は布(布と樹脂のつなぎ目があり)

お人形との出会い

娘が良く遊んでいた支援センターのお人形は、ぽぽちゃんでした。

「小さな母性育てます」のキャッチフレーズの通り我が家の2歳児はミルクをあげて、おむつを替えて、まるで私が下の子にしているお世話を真似するように真剣にぽぽちゃんのお世話をしていました。

しかし、ここで私には気になる点が。

支援センターでたくさんの子どもを楽しませてくれているぽぽちゃんは、だいぶ年季が入っているようで服を脱がすと胴体部分の黒ズミが気になる状態になっていました。

布製の部分なので仕方のない経年劣化だとは思いますが、2歳くらいの小さな子が触ることに若干の抵抗がありました。



メルちゃんとぽぽちゃんの特徴

メルちゃんのメリット

・体が硬い樹脂で扱いやすく、違和感がない

・外国人チックな顔立ちでかわいい

・一緒にお風呂に入れる

・お風呂の温度で髪の色が変わるため子供の興味がすごい

・追加購入のお世話グッズの種類も豊富で比較的安値

 

メルちゃんのデメリット

・振り回したりした際に、硬いので注意が必要

・身体が硬いので着替えの際に少しコツがいる(2歳の子には難しい。3歳あたりからできるようになりました)

・お風呂に入るので丸洗いができる一方内部には汚れが貯まりやすい

・口も堅いのでおしゃぶりや哺乳瓶は手を添えてあげるふり、になる

・目はつぶらない

目をつぶるメルちゃんシリーズも発売されています。

メルちゃんの妹「ネネちゃん」我が家ではこちらも購入しています。

 

 

ぽぽちゃんのメリット

・体が柔らかく本物の赤ちゃんのよう

・口元が柔らかくおしゃぶりや哺乳瓶を咥えることができる

・寝かせると目を閉じるので本当に寝てしまったかのような顔に子どもは興味津々

・体がしっかり表現されていて、乳首やおげその部分にはピンクの糸で刺繍がされている。

ぽぽちゃんのデメリット

・胴体が布製で違和感がある

・布製部分が洗えず、衛生面で不安

・体の縫い合わせ部分が着せる服によっては目立ってしまう

・白目がなく純和風顔の顔立ちが苦手な人は怖く感じる

我が家が購入したお人形は

実際に我が家が購入したお人形は、メルちゃんです。

購入の決め手となったのは、そのサイズ感と管理のしやすさでした。

我が家の2歳児は平均よりもだいぶ小柄で、32cmと26cmというわずかな差でも、抱っこのしやすさや、抱っこしている姿に違いがありました。

実際におもちゃ屋さんに行って娘と一緒に選んだのですが、ぽぽちゃんのだっこは一生懸命メルちゃんの抱っこは顔をのぞきながら、という印象でした。

管理のしやすさを比べると、圧倒的にメルちゃんはでした。決め手となったのは、やはり支援センターでみたぽぽちゃんの黒ずみ。メルちゃんは一緒にお風呂にも入れるので丸洗いができる安心感もあります。

デビューセットで購入したため、帰宅後すぐに大興奮で遊び始めました。

 

おすすめはどっち?

私個人としてのおすすめは、メルちゃんです。実はぽぽちゃんの顔が白くて目が黒目だけのお顔が苦手、という理由もあったのですが2歳児3歳児の子どもが扱うには、汚れにも耐えてほしく丸洗いができる点が大きな決め手でした。

リアルさを重要視するのならぽぽちゃんのほうがおすすめです。子供の好みもあるでしょうが、我が家の2歳児は今までぽぽちゃんしか見たことがない状態で、おもちゃ屋さんでメルちゃんと出会ってからは「かわいい」連発でもうメルちゃんのとりこでした。

妹にも同じめるちゃんを、その後メルちゃんをお姉ちゃんにさせてあげたい!という姉妹からの強い要望によりついかでネネチャンも購入しました。

6歳になった今でも、メルちゃんネネちゃんは良く遊ぶおもちゃです。

りかちゃんやそのほかのおもちゃと組み合わせて上手に遊んでいるので、買ってあげて良かったなと思います。



-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ママじゃないと泣き止まない、ママじゃないと無理みたいは勘違い

ママじゃないと泣き止まない、ママじゃないと無理みたい。こんな言葉を言われたことはないですか? この言葉を言われて、実際に嬉しいママさんとモヤっとするままさんがいるようです。 ちなみに私は断然後者でした …

子どもの自主性を育てる方法 5つのステップで自分で生きていく力を

子どもの自主性を育てる方法。実は親のかかわり方で大きく変わります。 我が子には、自主性をもってたくさんの経験をしてもらいたい。自分の意見を言える子になってほしい。そう思うのが、親心ですよね。大人になっ …

ワンオペお風呂 0歳2歳どう入れる?大失敗の経験談

ワンオペで一番大変なのは、お風呂ではないでしょうか。0歳と2歳のまだどちらも赤ちゃんの状態のときに2人をお風呂に入れるなんて無理だ、、そう思っていました。 目次1 1人で2人をお風呂に入れるなんてどう …

子供 吃音の原因 急にどもるから始まった体験談と治ったタイミング

我が子に急に吃音が見られた場合、あせりますよね。何が原因だろう、どうしたら治るのだろうといろいろと心配するかと思います。 ここでは実際に私が子供の吃音を体験し、その時の心境と治ったタイミングについて記 …

2歳差育児のメリットデメリット 育てやすい?大変?姉妹ママの体験談

子どもは2人以上欲しい、3人兄弟が良いな、など子どもの人数について考えた時、誰もが思い浮かべるのが年の差ですよね。 2歳差育児は大変、育てやすい、などいろいろな意見が聞かれますが、実際に2歳差で子供を …