子育て

子どものお年玉はどう管理する?小学生におすすめの金銭感覚をつけさせる方法。

投稿日:

子どもにとってのお正月のメインイベントといえば、やはりお年玉。
家庭によってかなり管理に差が出るものの、実際に家族以外とはなんとなく話題に出しにくくどう管理しようと考えているご家庭も多いかもしれません。

お金に対して頓着のなかった赤ちゃんの時期が終われば、子どもにも、“お年玉は自分のもの”という認識が出てきます。
こんな時親としてどのように子どものお年玉を扱っていくべきなのでしょうか。

今回は考えうる管理方法とおすすめの方法についてまとめました。



主な管理方法

子供名義の口座をを作って全額貯蓄

お金に対して自分のもの、という自我が出てきたとはいえ、我が子のことを大切に思ってくれている人からもらったお年玉は大切に管理したいもの。
幼稚園~小学校低学年のまだ幼いうちにはどうしても親の管理が必要です。
しかし、子ども名義の専用口座を作ることにより、子どもに「これはちゃんとあなたのものよ」と伝えることができます。
口座や銀行などの仕組みについてすこしだけ教えてあげられる良い機会にもなります。

また、うまく伝われば少しずつ自分のお金がたまっていく感覚を感じることができるでしょう。

一部を子どもに任せ、残りは貯蓄

小学校中学年~高学年になれば、自分でお金の計算がある程度はできるようになります。
もしかしたら、お年玉をもらったらあれを買いたいな、なんて考えてワクワクしている子もいるかもしれません。

その状況で今まで通りに親が全額貯金以外の選択肢を与えてくれなければ、子ども心に少しはモヤモヤしてしまうでしょう。
このくらいの年齢になると、学校でお年玉の使い道について話題に上がったり、お友達とおそろいで買ってみたいものがある可能性もあります。

ある程度はお金の計算や、使った分だけ減ってしまう感覚も経験したことがあるこのくらいの年齢の子には、一緒に管理方法を話し合うことをおすすめします。

そこで、自分で管理したい気持ちや欲しいものがあるといった場合には、額を話し合い子供の意見を採用することで、自分は尊重されているといった自己肯定感にもつながります。

小さなころの認められた体験、経験はその後の人生のも良い影響をもたらします。
ほんの少しのことですが、子どもにとっては“親と話して自分で決めた”こと自体が特別なことでもあります。

自分で使いたい金額の折り合いがついたら、残りは専用口座に貯蓄すると少しずつでも増えることが体感できます。



自分名義の口座で自分で管理、または本人にまかせる

幼少期からの体験で、お金に対する意識や知識が少しずつしっかりしてきたら、子ども本人にすべて任せてみる選択肢も視野に入れると良いでしょう。

小学校高学年~中学生におすすめです。

すべて自分で管理となると、無駄使いや紛失などすべてが自分の責任です。
何かを買いたい場合でも、親に買ってもらうのと子ども自身が自分のお金で買うのとでは意識にかなりの差が生まれます。
“自分で買った”ことにより満足度も上がり、少し大人に近づいたような気がするかもしれません。

そんな体験ができるのは、親の保護下にあるこの時期だけです。
少しの失敗や後悔を学ぶことも大人になる準備段階としては必要なこと。
思い切って我が子を信頼して任せてみることも選択肢のひとつとしておすすめします。

その場合はお小遣い帳の使い方やお金の管理の仕方などたくさんのことを伝えるチャンスです。
学校ではなかなか教えてくれない金銭感覚について、これを機に身に着けることができると良いですね。



-子育て

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

メルちゃんぽぽちゃんの違い 選び方のポイントと特徴

メルちゃんとぽぽちゃんの違いを徹底解明。遊んで比較したお世話人形の選び方とポイントです。 女の子が2歳くらいになると、お人形に興味が出てくる子も多いですよね。我が家の娘たちも例外ではなく支援センターに …

シングルマザーの再婚 養育費はどうなる?再婚後も確実にもらう方法

シングルマザーが再婚を考えたときに気になることと言えば、元夫からの養育費ですよね。 ここでは再婚しても確実に養育費をもらえる方法について解説します。 再婚すれば法律によって、減額や停止になる場合もある …

赤ちゃん返り対策 下の子が生まれた時に劇的に効果的だった方法

下の子が生まれた時の上の子の赤ちゃん返り。その接し方はきっとどのママも一度は悩んだことがあると思います。 今回は姉妹を育てる私自身の体験談と共に上の子への接し方、赤ちゃん返りが激しかった時期に劇的に効 …

no image

子供がお友達にパパいないの?と聞かれた時の我が子の対応

シングルマザーとして子どもを育てていますが、先日子供同士とても仲がいいお友達と遊んでいる際に「〇〇はパパいないの?」と直球の質問をされていました。 筆者である私は、いつかこの質問をされる時が来るだろう …

子どもの自主性を育てる方法 5つのステップで自分で生きていく力を

子どもの自主性を育てる方法。実は親のかかわり方で大きく変わります。 我が子には、自主性をもってたくさんの経験をしてもらいたい。自分の意見を言える子になってほしい。そう思うのが、親心ですよね。大人になっ …