プライベート

シングルマザーの生活費 レジャー費の工夫で年間3万円の節約

投稿日:2021年1月14日 更新日:

シングルマザーが子供二人を育てて暮らしていくのには、どのくらいの生活費が必要か気になるところでよね。
今回は実際にシングルマザーとして2人の子供を育てる筆者が、毎月の生活にかかっている費用と内訳について公開しながら解説していきます。子どもを育てていくうえで知っておきたい意外な出費についても触れていきます。



シングルマザーの生活費

シングルマザーと子供二人が生活していく場合、毎月の生活費は15~20万円が必要だと言われています。

生活費の項目として

・住居費
・光熱費
・通信費
・保険料
・教育費
・子供の習い事

の固定費にプラスして

・食費
・交際費
・レジャー費
・日用品購入費
・美容 服飾費

などの変動費があげられます。

実際にはどのくらいかかる?

実際にシングルマザーとして二人の子供を育てる筆者の家計簿がこちら。

生活にかかわる支出のみ抜き出しています。

住居費
離婚後に実家に戻る場合を除いて、月々の支出の中で大きな割合を占めるのが住居費です。住む地域や間取り、物件にもよりますが、住居費には平均して5~8万円の費用が掛かります

実際にシングルマザーの筆者が住む賃貸住宅の家賃は10万円となっており、月々の費用の大きなウエイトを占めます。
この若干高いように感じる家賃は、後述していますが子どもの希望であるピアノを置く関係です。

光熱費
可能な限り節約して10000円前後におさめています。真夏や真冬になるとさらにかかりますが、春や秋にはそのぶんエアコン代が下がるので1年間で考えると月々1万円程度です。

通信費
格安SIMを利用して節約しています。
以前の大手キャリアを使っていた時よりも月々9000円安くなりました。

保険料
シングルマザーは一家を支える大黒柱。もしもの時に備えて保険にはしっかり加入しています。




教育費
我が家の子供たちは二人とも幼稚園児です。2019年から始まった“幼児教育・保育の無償化”によりかなり負担が減りました。
実際に支払っているのは幼稚園の運営費や、給食費などで年間を平均すると1か月1人1万円程度です。この料金は通っている幼稚園や保育園により変動しますので、入園前でしたら下調べをおすすめします。

習い事
我が家の場合は子ども本人の強い希望でピアノを習っています。私が離婚してシングルマザーになる前にすでにアップライトピアノを購入していました。離婚後の住まいもピアノを置ける条件で探したところ家賃が平均より高くなってしまいました。

シングルマザーと言っても子どもに我慢させることなく、やりたいことを応援したいものです。家賃が高い分、通信費を節約したり食費を節約したりと他でカバーできるよう努めています。

食費
食費は子どもの性別や年齢によって大きく変化するところです。外食に行くとどうしても費用がかさんでしまいます。我が家の場合は、節約のために“なんとなく外食をする”ことをやめました。出かける前に炊飯器のセットをすることで、出かけた先で“なんとなく夜ご飯をすます”ことがなくなりました。予定になかった外食をすることにより、予算が崩れることがないのでこの方法はおすすめ。

1度の外食で2000円~3000円を使うとしたら、その予算で2.3日は自炊できます。
小さな積み重ねは節約の第一歩です。

レジャー費
月々1万円で予算をとっていますが、使わなかった月は翌月に繰り越しています。繰り越し貯金を重ねて旅行に行ったりと節約を楽しむことによって自分にとって続けやすい仕組みを作りました。

家計に響いた予想外の出費

年間を通して特別費の貯金もしていましたが、それでも痛かった出費についてご紹介します。
・幼稚園の入園金50000円
・幼稚園の物品、制服購入費 約40000円
・エアコンの故障修理費 30000円
・発表会に出るための衣装代、参加費

このように普段の生活とは別に急な出費に見舞われることがあり、毎月少しずつでも貯金をして備えていく必要を感じました。

シングルマザーとして一人で子どもを育てていいく以上お金の問題はつきものです。今回はシングルマザーが子供2人と暮らす生活費についてまとめました。

スマホの節約術 通信費を節約し固定費を削減する方法




-プライベート

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

シングルマザーがマリッシュを使ってみた体験談 画像付きで解説

シングルマザーが再婚相手を探すときの選択肢として、マッチングアプリがあげられるようになりました。 今回は、シングルマザーで2人の子供を育てる筆者が実際に登録、使用してみた体験と感想を掲載します。 目次 …

卒園式ママの服装 30代のおしゃれままが気を配っていたのはここだった

卒園式のママの服装は迷いますよね。子供が主役だから目立ちすぎず、でも華やかに。今回は30代のおしゃれママにおすすめの卒園式コーデについてまとめます。 目次1 卒園式のコーデのマナー2 卒園式での基本は …

姉妹にプレゼント 幼稚園児にもらって嬉しかったお揃いギフト3選

姉妹にプレゼントを贈るとき、お揃いでプレゼントしようかなと考えることも多いと思います。 今回は6歳と4歳の姉妹を育てる私が、実際にプレゼントでいただいて嬉しかったもの3選を掲載します。 プレゼント選び …

シングルマザーが独学でネイリスト 稼げる資格5選 在宅勉強で賢く取得

シングルマザーで家庭をひとりで支えなければいけない。だけど思うように働けない、働く時間の確保が難しい。そんな時、独学で資格が取得できるとキャリアが開けたり、新しいことに挑戦できたりと世界がひろがります …

no image

福岡で行く幸先詣 どこがおすすめ?神社と周辺駐車場情報

2020年も残すところ数日。 毎年行っていた初詣もコロナ禍で新常識が生まれつつあります。   目次1 2021年お正月どう過ごす?2 福岡でおすすめの幸先参場所は?2.1 宗方大社2.1.1 …