シングルマザー 貯金

シングルマザーの節約貯金 誰でもできるお金を増やす裏ワザ

投稿日:

シングルマザーは毎日の生活に精一杯で貯金をする余裕なんてない、といった方もおられるかと思います。
ここでは、収入も支出もすべてを管理しているシングルマザーだからこそできる節約術、それを貯金に変える方法についてまとめます。さらに、一度試すだけでどんどん貯金が増える裏技のような方法も!



貯金を貯める仕組みを作る

今現在、お金を管理している口座はいくつ持っていますか?

もしも1つなら、貯金の仕組みを作るチャンスです。

まずは、自分名義の口座を3つ用意します。その3つに、それぞれ異なる役割で働いてもらいます。

1.“使う”がメインの口座
この口座は誰もが持っている毎月必ず使う口座です。給与の振り込み、家賃や生活費の引き落としなどに利用します。

2.“貯める”口座

もしも今現在1つしか口座を持っていない場合、この2つめの口座をすぐに作ることをおすすめします。
貯蓄専用の口座があることで、これは貯金という意識を強く持つことができます。

人間の心理として、もしも欲しいものがあったりお金を使うか悩んだ場合、「貯蓄専用口座」から引き出して使うことは少し勇気のいる行動。普段引き出しなれている口座からお金を引き出すことよりも少しだけハードルが上がります。

3“増やす”口座
2の貯蓄専用口座にある程度の現金がたまってきたら、お金を増やすことも視野に入れると貯金の幅がぐっと広がります。
積み立てNISAや投信信託など取り組みやすいところから、少しずつ考えていきましょう。

仕組みの活用

口座を3つ作ることにより、貯金をしていく仕組みは完成しました。
ここでは、2の“貯める”口座に貯めていく具体的な方法を提案します。

ステップ1
まずは、給与が振り込まれたら毎月必ず通帳に記帳をします。金額を確認する目的のため、スマホのアプリ等での確認でもOKです。振り込まれた給与が確認出来たら、その月に引き落としされる予定の金額を残して、全てを引き出します

ステップ2
引き出したお金のうち、その月の生活変動費(食費、日用品の購入など使う予定のあるお金)を手元に残し、残ったお金を2の“貯める”口座に入金しましょう。先に使う予定のお金を用意することにより、「この中でやりくりしよう」という気持ちが芽生えます。

慣れるまで、最初は月5000円でも大丈夫。その5000円を1年間コツコツ貯めていくと60000円の貯金ができます。少しずつ“先取り貯金”の生活に慣れていくと貯金体質になることができ、続けやすくなるメリットも◎

まずはこの貯める口座に、生活防衛費としての貯金を貯めていきます。

生活防衛費とは・・・病気やケガ、失業など思いもよらない出来事により収入が減ったり、大きな支出になった場合に備えておくための貯金です。

生活防衛費は、手取り収入の6か月分を目安に貯めていきます。6か月分がたまった後も、今後使用する予定の”教育資金(幼稚園入園金・制服代金など)”、“保険料”、“娯楽費”なども合わせてこの口座に貯めていきます。




ステップ3
生活防衛費に6か月分がたまったら、3つ目の口座の出番です。今まで“貯める口座”に毎月貯金していた分を“増やす”口座に入金していきましょう。のちに投信信託を利用していくためにも、この“貯める”口座は証券会社の口座開設にしておくと、のちの手続きがスムーズになります。

自宅から開設可能な楽天証券やSBI証券などを利用すると、小さい子がいても外に出る必要がなく簡単です。
ある程度の貯金が貯まってきた場合、そのまま金利の低い地方銀行などに眠らせておくのは非常にもったいないことです。
資産の運用を視野に入れて長期的にお金を育てていくことをおすすめします。

貯金を毎月コツコツ増やすには

ここまで貯金をしていく仕組み造りとその使い方について触れてきました。では、私が実践した毎月コツコツと少しずつでも貯金を増やしていく方法についてです。

筆者は仕組みを作り3つの口座で資産を管理しています。その他にも、毎日お財布の中身をリセットすることをおすすめします。貯金体質になってくると、予算を月単位ではなく週単位、または1日単位で見るようになります。

食費などの予算を週単位で見たときに、週末に財布に現金が余っている場合は“うまくやりくりできた”証です。その余った分を、貯金箱に貯めていきましょう。もしかしたら、翌週必要になる可能性もありますが、そのまま貯金箱に貯めていけばここでも小さな貯金を作ることができます。まさに塵も積もれば山となる

毎週500円貯金箱に入れてそれを1か月で2000円。

さらに1年間続けることができれば、年末には24000円貯まる計算になります。

コツコツ貯金することによって本来ならば0円だった貯金箱に24000円が貯まります。

これがあれば、子どものクリスマスプレゼントを少し奮発してあげられるかもしれない。欲しかった家電が買えるかもしれない。一緒に出掛けて思い出を作ることができるかもしれない。1週間の小さな積み重ねで可能性は広がります。

小さな積み重ねに関しては、こちらの記事も参考にされてくださいね。

貯金が増えれば心に余裕を持つことにもつながります。
まずは仕組みを作って、今日から貯金体質を目指しましょう。




-シングルマザー, 貯金

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

児童扶養手当はルームシェアや同棲でももらえる?もらえない人との差

児童扶養手当はルームシェアの場合でも支給されるのか前回に引き続き考察してみました。 実家暮らしの場合はこちらです 児童扶養手当 実家暮らしでもらえる人ともらえない人の差 そもそもルームシェアってなに? …

シングルマザーの貯金のコツ 食費の削減で100万円の貯金を目指す

貯金が0でも、今日から100万円を目指す方法があるのをご存じですか? 母子家庭で貯金ができない、現状貯金が0で全くないといった悩みを抱えるシングルマザーは多数います。 実は、貯金をするのに年収はあまり …

頑張らずに誰でもできる節約術 1か月に1万円を貯金にまわす方法

節約と聞くと、食費を削って、交際費を削って、我慢をして、、という風に“つらい”、“大変そう”などのマイナスのイメージを抱いてしまう方も多いかもしれません。 しかし最初から頑張りすぎても、生活に潤いがな …

シングルマザーの再婚までの交際期間は?子供を会わせるのはいつ?

シングルマザーが再婚する場合、再婚後の関係を良好に保つためにはどのくらいの交際期間があればいいでしょうか。 子どもを初めて会わせるタイミングに関して悩む方も多いかと思います。 今回はシングルマザーが再 …

どうしたら貯まる?おすすめの貯金の始め方とすることリスト

年初めの目標に貯金を掲げる人は毎年多くいます。その中で着実にためていき成功する人、いつの間にか出費に追われて“今年も貯金できなかったな”と1年を終える人は何が違うのでしょうか。 この記事では2021年 …